ネクステージサービスクリエイツは鳥取県倉吉市を拠点として「飲食事業」「教育事業」「ファーム事業」を展開しています。 事務所所在地│〒682-0018 鳥取県倉吉市福庭町2丁目8【アクセス】

求める人材

「今持っているスキルにはこだわらない。」
1番はネクステージサービスクリエイツの理念を理解
共有し、実践する意欲のある方、
人と接するのが好きな方、人を喜ばすのが好きな方、
同じベクトルで仕事ができるかを重視しています。
だから、今すぐできる必要なんてないんです。

  • 意見が尊重される職場環境で働きたいという方
  • 仕事の時間も大切にプライベートの時間も大切にし
  • 新店舗の責任者にチャレンジしたい方
  • 新業態を一緒につくりたい方
  • ポジティブ発想を大切にする方
  • 元気で素直に明るく仕事に取組める方

当初は経験により、ホール又はキッチンを専門にやっていただく場合がありますが、基本的に、調理、接客、何でも取り組む姿勢を持っていただきます。また、

  1. 1.やる気があること
  2. 2.向上心があること
  3. 3.チームワークを大切にすること

は必須心得としてもっていただきます。
その後の経験により、店長、支配人(複数店舗統括)へ昇進があります。決して楽な仕事ではありませんし、休日も多いほうではありませんが、“楽しくなければ仕事じゃない”と考えております。喜びを見出せるようにコミュニケーション作りを大切にしております。

ネクステージサービスクリエイツでは成長に合わせて、平等にチャンスがあります。
より大きな役割と責任を担える人材に育っていくことで活躍のフィールドが広がります。
ひとりひとりの努力と成長には、年2回の昇給・昇格の査定を実施しスピード感をもって、応えます。ネクステージサービスクリエイツのキャリアステップに順番はありません。

応募の手順

面接をご希望の方は、必ず電話連絡の上、履歴書(写真付き)をお送りください。
追って面接日をお知らせいたします。

お問い合わせ先

Mail Form0858-24-5955

ネクステージサービスクリエイツ株式会社 ≪本社≫
〒682-0018 鳥取県倉吉市福庭町2-8

先輩からのメッセージ

役職 ラパラ店長
石本 舞衣 勤続年数 3年(アルバイトからの社員へ)
私は、大学生の頃から2年間ラパラでバイトをしていました。
バイトの頃を思い出すと、忙しく大変な頃もありましたが、とても人間関係に恵まれ、楽しく仕事をしていました。
短大では、食物栄養学科に進んでいた事もあり、食について携わる仕事に就きたいと思っていました。
そして、ラパラでバイトをしているうちに、接客を好きになった事もあり、この会社で働きたいと思うようになりました。
社員になり、バイトの頃よりも、仕事量や、責任などが増えた事により、一層、やりがいを感じる事もあり、
また、沢山の方々と関わる機会も増え人との出会い、繋がりの大切さを学ぶ事ができました。
当たり前じゃない、この1つ1つの御縁に感謝をしながら、日々仕事をしています。
役職 部長
寺谷 淳太郎 勤続年数 8年(新卒入社)
私がネクステージサービスクリエイツに入社してはや8年目となります。入社のきっかけは大学時代に経験した居酒屋のアルバイトにとても魅力を感じ、今までお世話になってきた地元の皆さんに恩返しがしたいという気持ちからでした。いざ入社してみると、信頼できる仲間との日々の仕事がとても楽しく、それと一緒に自分自身の成長も実感でき、本当に「やりがい」のある仕事だと実感しています。
新卒で入社されるかたも中途のかたも同じくチャンスのある会社ですし、成長のあかしがスピーディーな評価で返ってきます。
人の喜びを自分の喜びとして考えられる方をお待ちしております。
役職 エリアマネージャー
小林 聖司 勤務年数 4ヶ月(中途採用)
日本で一番人口の少ない鳥取県を本拠地に起きFC店舗を展開している会社で、とてもど田舎にある会社です。
しかし、このど田舎で人口があ少ない所にあることによってFC店舗でありながら個人店のようにお客様との距離が近く、人と人の繋がりを大切に仕事ができる環境だと思います。
自分のできる事、やりたい事をはっきりし行動すればお客様、仲間達から『ありがとう』が頂ける会社です。
役職 温野菜鳥取駅前店 店長
坂根 優一郎 勤続年数 4年(中途採用)
仕事を通じて学んだこと成長した事
ネクステージサービスクリエイツに入社して学んだこと、成長できたなと思う事は「考える」ということが一番大きいと思います。今までは仕事をしていても言われた事だけをだけをただやる。なんのためにやるのかなんて考えもしませんでした。しかし今は飲食店の店長という大変重大なポジションにつかせて頂きもちろん与えられた仕事もやりますが自分で考え、それがなんのためにやるのか、誰のためなのか(お客様のためなのか、一緒に働いてくれるパートナーのためなのか)など色々考えて日々仕事をしております。
この会社に入らなければ日々たんたんと仕事をし誰かの為に何かを考える事などなかったかもしれません。
これからも職(食)を通じてすべての人を笑顔にできる様努力していきます。